考えが煮詰まるのは頭部の血流が悪いから

ストレス解消をするのに、負担となるようなことはしたくない。http://www.halo-official.info/

ストレス解消をするのに、わざわざ出掛けるのは面倒だ。

ストレス解消をするのに、モノを揃えるのはもったいない。

手間もお金も掛けずにストレスを解消するのに、うってつけなのが足を動かすこと。

足の何処を動かせばストレス解消に繋がるのか、それは脹脛。

脹脛?難しい漢字だが、ひらがなにすると簡単、「ふくらはぎ」のこと。

脹脛を動かせば、心臓の負担は軽減出来る。

なぜ、心臓の負担がストレス解消に繋がるのか?

強い精神的ストレスを抱えると、心臓はバクバクする。心臓がバクバクするのは、心臓の働きが盛んであるから。なぜ、強い精神的ストレスを抱えると、心臓の働きが盛んになるのでしょう?

強い精神的ストレスを抱えるのは、何かしらの問題を抱えたから、強い精神的ストレスを解消するには、その問題を解決しなくてはなりません。問題を解決するには、脳が働かなくてはならない、そのためには多くの血液を脳に送る必要があり、そのために、心臓の働きを盛んにするのです。

ただし、多くの血液が脳に集まっても、脳に集まった血液の流れが滞ると考えが煮詰まる、血液が滞らないようにするには、血液の循環をはかる必要があります。

スポーツをするとストレス解消になるのは、頭部の血流が改善されるから。

全身に血液を循環している主な臓器が心臓、しかし、心臓の働きだけで血液を循環させているのではなく、心臓の働きのサポートを担っているのが足の脹脛。

ウォーキングやランニング等で脹脛を使えば心臓の働きをサポートすることになり、脳の血流が改善されれば思考はクリアになり、精神的ストレスを引き起こした問題を解決する術を思い付くのです。