思春期ニキビ肌が教えてくれたこと

私は今30代なのですが、中学生の頃にニキビがすごく出来てしまい肌にコンプレックスがありました。当時はそれを治そうとしておこづかいを全て基礎化粧品につぎ込んだり、水を沢山飲んでみたり、色々試したりしていましたが全然効果がなく、いつも髪の毛で、特にひどかった左側の頬を隠すようにしていました。

http://bursamerinosenerjimuzesi.com/

高校生になると少しマシになってきましたが、化粧で隠すことを覚えた事と、ファーストフード店でアルバイトを始めた事でさらにひどい状態になってしまいました。

何故なら、化粧はやり方も良くわからずただ厚塗りをすれば良いという安易なやり方で行っており、また化粧を落とさず寝てしまうという事も多々あり肌に悪いことしかしていなかったからです。バイトでは賄いがハンバーガーやフライドポテトなどを良く食べていた為に高脂質な食事が更に追い討ちを掛けてしまいました。ニキビが治ってはまた出来るの繰り返しで嫌になった私はあることを思い付きます。

それはニキビを潰して、そこに薬を塗れば根本から根絶できるのでは?ということでした。言うまでもなく最悪な方法ですが、そちらを試してみると表面上はニキビはなくなりました。しかしそれは後々ひどいニキビ跡を作ってしまう行為だと気付くのに時間は掛かりませんでした。

成人していくにつれ顔の脂の分泌がすこしずつ収まって来るとニキビが出来る頻度も低くなり、新たなニキビで悩むことは少なくなりましたが、今度は潰してしまったニキビ跡に悩まされる事に。こちらはクレーターと言うらしくもう治らないという情報に途方にくれ、潰してしまった事をすごく後悔しました。

働き出してお金に余裕が出来てきた頃、転機が訪れます。

友人がサロンで働きだしたのをきっかけにそちらへ通うようになったのです。

フェイシャルエステ専門のサロンで私は藁にもすがる思いで駆け込みました。その子が良く言っていたことは、 

「お肌の事は全部私に任せて!!」

今思えば、自分の肌の責任を人に任せる事自体おかしいと思うのですがその時は、学生の頃には無かった財力さえあれば肌は綺麗になると本気で信じていました。

エステに通いだしてしばらくたつと、ホームケア商品を買わされたり、ボーナス時期におまけをつけるからと言って非売品とセットで特別なクリームを買わされたりと気付けば、年間50万円程使っている事に気付きました。

買うときは清潔で美しいサロン内で友達に薦められるがまま、気分良く買うのですが、帰り道に化粧品の手提げ袋を見つめながら、また買ってしまった、と後悔するようになっていきました。

何故ならいくらホームケアをしてもエステに通ってもなかなか改善が見られなかったからです。

次第に高いお金を払ってエステに通ってさえすれば大丈夫と謎の自信が生まれ、ホームケアをサボる様になりました。

その結果、エステで行う肌診断で結果はD判定。

その時に気付きました。

肌の事は人に任せてはいけない、お金を闇雲にかけるだけでもダメ。自分で管理して勉強して、きちんと正面から向き合わないといつまでもこのままだ、と。

その後、私はエステを退会し、肌についての本を読んだり、YouTubeで勉強をしたりして、根本から学んでみました。

すると今まで肌に悪いことしかやっていなかった事に気付いたのです。

まず一番に肌は排泄器官であること。いくら外側からケアをした所で、汗をかけば流れてしまう。

大切なのは食事と睡眠と適度な運動、紫外線のケア。

そして、こすらないこと、過剰に塗りすぎないこと。

肌を綺麗にしたければ、自分自身の生活習慣から変えなければならないという事にやっと気付きました。

今までは、好きなだけお菓子を食べ、運動もせず、夜更かしをして、特別な時だけ念入りにパックをする、、ような付け焼き刃の様なケアをしていました。

肌は正直なのでその人の生活スタイルをそのまま反映します。

だからいくら外側からケアしていても、生活習慣が悪ければそれは無駄だということがわかりました。

今は、腸内環境を整える食事内容に変え、年中日焼け止めを塗り、石鹸で落とせるメイク用品に変え、なるべく散歩をして、睡眠時間をなるべく多く確保する生活にシフトチェンジしました。

基礎化粧品も敏感肌用のオールインワンのみ。

すると今までのニキビ跡で赤ら顔だった自分の肌が信じられないほど、透明感が増し、ツルツル、もちもちに生まれ変わったのです。 

もちろんニキビ(もう吹き出物ですかね)も出来ないし、ニキビ跡も完全に無くなってはいないけど、他の部分の肌が元気になっているお陰で目立たなくなってきています。

人からも、肌綺麗だね!と言われたり、年齢よりも若く見られたりと、どうやら気のせいでは無いようです。

年間50万円かけていた頃と真逆の生活になってから、心も穏やかになりストレスも感じにくく、改めて肌は生活と密接にリンクしていくと言うことを実感しています。

これからもこの生活を続けていきたいと思いますし、自分の事は自分で!をモットーにとことん自分に向き合って歳を重ねる度に美肌になっていく過程を楽しみたいと思います。