日本食がベスト!髪への繋がりとは?

日本食の特徴

日本食の特徴として、季節感のある新鮮な食材や素材を使った料理です。

全国に広がる日本食は基本的にお米を中心とした料理など素材が持つ味を新鮮な状態で食べられる事ができるのが一般的になります。

また、日本食は栄養バランスが取れた料理が多いと言われおり、長寿や健康管理に役立ちます。

食材や素材に手を加えすぎる料理と異なり、日本食は食材や素材にあまり手を入れずに素材の美味しさを引き出す料理です。

季節的に選ばれた食材や素材が持っている味や風味をより引き立てる調理法として日本食文化に根付いているため、日本食は新鮮さが重要になります。お米や雑穀、野菜、豆類、果物、魚介類、海藻類、肉類などを用いて季節に合わせた料理です。

日本食にはあまり乳製品は使われる事がないのです。日本食は塩やだし汁、しょうゆ、味噌などで味付けをしています。

日本食で利用される調味料には、日本酒やみりん、酢、さとうなどが多く使われています。このことから動物性の油などはあまり利用される事はないのです。

http://www.villadepera.com/

日本食と髪の関係

日本食は髪に良い理由として、新鮮な食材や素材を使った料理が多いため、毎日健康的な食生活、栄養バランスが取れるからです。

仕事などで忙しく中々食事が取れない方もいるため、バランスよく栄養を摂ることを考えながら過ごす事が難しいのが現状ですが、健康的に生活するには重要になります。

日本食では、新鮮な野菜や豆類、魚介類、発酵食品、キノコなどに含まれるビタミンやミネラル、タンパク質などが綺麗な髪質を作る成分が豊富に含まれています。

特にその中でも魚介類の牡蠣には多くの亜鉛が含まれており、発毛や育毛効果が高いのです。しかし、亜鉛は体の中で作ることができないため、食材やサプリメントで補充が必要です。

髪の成分になるタンパク質は、ビタミンやミネラルのサポートが必要ですので、新鮮な食材や素材を多く使う日本食は、健康的なカラダの作るために必要なビタミンやミネラル、タンパク質、必須アミノ酸などを摂取するには最適です。

日頃からファーストフードやお菓子、甘い食べ物やスイーツ、脂っこい食べ物など好きな人もいますが、カラダや肌、髪にあまり良い働きをしません。たまに食べる甘いものなどもいいですが、甘いものを食べることで、栄養が吸収されない場合があるため、栄養バランスが取れる日本食を中心に食べるように心がけることをオススメします。