髪の毛がごわつく原因、それは以外にも毎日の習慣が原因かも!

なんだか最近どうも髪の全体がごわついてきた様子。朝の身だしなみチェックや夜の整髪どきにそんな風に感じることも。それは、もしかしたら髪を洗う温度に関係しているのかも!シャンプーやトリートメントを洗い流す時の温度まで意識していない方が多いでしょう。でも実は、意外と影響があること、それが温度なのです。

http://jax-aviation.com/

髪の毛は低いお湯で洗い流そう

寒い冬の日、冷え込む夜中に入浴した時に髪の毛を洗い流すお湯の温度も上がってしまいがち。そんな方は要注意しましょう。お湯の温度が40度近いという場合、洗い上がりの髪の状態もバサバサ、パサパサ、ゴワゴワの手触りになりがちです。入浴時の温度は状況下や好みでそれぞれですが、入浴時よりもちょっと低い温度で洗うようにしたいものです。

必ずドライアーを使う

髪の毛を洗った後には必ずドライアーで乾燥させていきましょう。この時も、髪全体が重たいような印象を受けることも。それでも完全に乾燥をさせてから、就寝へ。

生乾き状態もまた、髪の毛がべったりしたり、重くなる原因のひとつです。

髪の毛の状態が良いと気分も良いですよね、特に女性にとって髪は命ですから、美しい状態へ導いてゆくヘアケアを目指し、頑張りましょう。