肌だけじゃなく、髪も紫外線から守り若々しい姿をいつまでも

女性は特に、紫外線によるお肌のダメージ、日焼けを嫌います。美意識の高い女性は、いろいろなお手入れ法で、きめこまやかな白い肌を維持しようと努力している事でしょう。

もちろん、いつまでも若く美しくいるためにはシミのないキメの揃った肌は大切です。

しかし、日焼けによるダメージは肌だけではなく、髪にも表れます。お肌は綺麗に保っていても髪がバサバサでは、老けて見えてしまう事もあります。

評判通り?ニューモ育毛剤の本音口コミと効果をレポートします!

太陽から降り注ぐ紫外線が私たちに最初に到達する所、それは頭皮です。お肌だけではなく、頭皮も日焼けをします。髪を紫外線にさらしたまま、なんのお手入れもしないでいると、乾燥やパサつきの原因の一つになります。

日焼けした髪には具体的に、どのような影響が表れるのでしょうか?

髪が紫外線によりダメージを受けるとタンパク質が壊れ、パサつきなどのトラブルの原因になります。

また、海やプールなどで髪が濡れたままの状態で紫外線を浴びると、髪が乾いた状態で紫外線を浴びるより、たった1日であってもダメージを実感することでしょう。

原因は、水に濡れたままの髪が紫外線を浴びると、毛髪の中で酸化が起き、乾いた髪の状態よりも大きくダメージを受けるからです。

そのうえ髪の色素も酸化により分解されて、髪は赤色化していきます。水泳やサーフィンをする人の髪の色が抜けていくのもこのためです。

髪の内側には、肌同様メラニンがあるので、紫外線をある程度は吸収できます。しかし髪の表面のキューティクルにはメラニンがないので、内側に比べて紫外線の影響を受けやすくなります。

キューティクルがダメージを受けることにより、手触りが悪くなったり、髪のツヤが失われたりします。ツヤのある髪を維持するためには、肌同様に紫外線から髪を守ることが大切になります。