多毛、くせ毛、に小学生のころから悩んだお話

物心ついた時から私は髪の毛に悩んでいました。
幼少期の頃は自然な立巻きロールでお姫様みたいだったとよく母親に言われていました。
が、物心ついた時にはその髪の毛が嫌で嫌で
サラサラストレートにとてつもなく憧れを抱いておりました。

メイプアップのクチコミ

そうこうしているうちに、中学生になり
運動部に入り必然と短髪になりました。
短髪でもくせ毛が気になりきになり
ちょんちょん髪でもストレートアイロンが手放せませんでした。

そして高校生、高校も運動部に入り
中学同様短髪。もちろんのことくせ毛が気になり
今回はストレートパーマを当てました。
美容院に行っても「こんなに短いのに当てるの?」
なんて言われた覚えもあります。

小さい時からくせ毛に悩む私は
少しのうねり、くせ毛にとても敏感で
それすらも許せなかったのです。

高校3年間はもちろんのことパーマを当て続け
卒業後の大学に入学した時もストレートパーマは
必ずと言っていい程当てていました。
そのおかげで髪の毛は痛み放題。バシバシ
とにかく最悪でした。

そして現在、今ももちろんのことストレートパーマを
当ててはいますが、現在の技術はすごい!
昔のストレートパーマは「あーストレート当ててるな」
とすぐわかるような真っすぐ
でも今はとても自然で初めてあった人には
当ててるなんてわからないほど
そして痛みにくいパーマ剤を使っていただいているので
ほんと、毛先までサラサラストレートを手に入れることができました。

とはいえ、ストレートパーマが取れてくるころには
駆け込み美容院なんかザラですし
予定が合わずなかなかあてに行くことができない時なんかは
とにかく気持ちがブルーになるほど
私は髪の毛に対する理想がおかしくなっているのかもしれません。