「ヘアケア」カテゴリーアーカイブ

髪の毛の悩みが心を傷つけることもある

私は小さいときから天然パーマでした。その上に毛量も多かったので、手に負えない髪の毛だとよく言われたものです。学校へ行くまではそれでもさほど気にはしていなかったのですが、小学校高学年になり、いじめが流行りだすと私の髪の毛はほかの子と違うため、髪の毛でいじめられるようになったのです。
最初はその当時はやっていたかわいらしい雷様のキャラクターに髪の毛が似ているということで、そのキャラクターの名前で呼ばれました。

http://www.brattcontra.org/

しかし、そのキャラクターがかわいらしかったのであまり気にしないようにしていました。
黙っているといじめはどんどんエスカレートし、髪の毛の中に消しゴムをちぎったものを指ではじいて入れて、出てこなかった人の勝ちなどという遊びが私の頭で行われたときは、学校に行きたくなくなるほど深く傷ついたものです。

天然パーマは自分で何とかしようとして治るものではありません。それなのに遊びやいじめに自分の髪の毛が使われたことは、今でも深い傷となって私の心に残っています。

幸い高校を卒業したころには縮毛矯正が出始め、今ではちぢれ毛で悩む子も縮毛矯正をかけることでサラサラのストレートヘアになることができます。
この技術がもっと前からあったらよかったのにと思います。

直毛に仕立てたつもりでも、結局クレオパトラの悲劇

生まれ乍ら縮毛であり、そして年齢と共に毛髪も若い頃の多さもなく髪のコシもなくなり、総合すれば決して美しくない状態となっております。

ノアルフレシャンプーの口コミレポート!白髪に良いって本当なのか徹底検証!

それでも、髪を簡単のブローだけでまとまり、束ねることなく自信を持って外出できることを夢見る気持ちはいつまで経ってもなくなりません。

大変稀ではありますが、女性としてひと月の間に一定の体のリズムがありますが、その中で髪にツヤが出る時期が数日あったりします。

私はその時ばかりは髪を下ろして過ごそうと思ってしまいます。

なぜなら日頃、ぱさっとしてもさっとした私の髪質に、いつもは無い潤いが明らかに出てくるからです。

髪に自然な油が加わる感じでしょうか。

そのいつもとは違うかもの状態に、セルフブローを丁寧にしてみれば、

中々の出来栄えに仕上がり、髪を下ろして外出してみようと思えるほどになります。

更には、ブロー後に手持ちの椿油成分配合のヘアクリームをあてがえば、一層髪の状態が落ち着いて自信も増します。

ですが、それは結局自己満足、いえいえ間違いなく私の勘違いぼようだと気づかされた出来事がありました。

一度髪を直毛に仕上げた気分で下ろして外出した時、出逢った女性にこうはっきり指摘されました:「クレオパトラみたいね」。

クレオパトラ・・・・つまりそれ程髪の広がりがまだまだ目立っているという事です。

つまり変な髪型ですねと言われたようなものです(笑)。

自分にしては直毛気分でも、結局他人の目にはクレオパトラの様に広がる可笑しな髪形に見える時かされ、結構ショックを受けました。

髪のコンディションが悪いのは、もう宿命と受け入れてドンナ髪の状態の自分でも問題ないという境地に早く行きたいものです。

日本食がベスト!髪への繋がりとは?

日本食の特徴

日本食の特徴として、季節感のある新鮮な食材や素材を使った料理です。

全国に広がる日本食は基本的にお米を中心とした料理など素材が持つ味を新鮮な状態で食べられる事ができるのが一般的になります。

また、日本食は栄養バランスが取れた料理が多いと言われおり、長寿や健康管理に役立ちます。

食材や素材に手を加えすぎる料理と異なり、日本食は食材や素材にあまり手を入れずに素材の美味しさを引き出す料理です。

季節的に選ばれた食材や素材が持っている味や風味をより引き立てる調理法として日本食文化に根付いているため、日本食は新鮮さが重要になります。お米や雑穀、野菜、豆類、果物、魚介類、海藻類、肉類などを用いて季節に合わせた料理です。

日本食にはあまり乳製品は使われる事がないのです。日本食は塩やだし汁、しょうゆ、味噌などで味付けをしています。

日本食で利用される調味料には、日本酒やみりん、酢、さとうなどが多く使われています。このことから動物性の油などはあまり利用される事はないのです。

http://www.villadepera.com/

日本食と髪の関係

日本食は髪に良い理由として、新鮮な食材や素材を使った料理が多いため、毎日健康的な食生活、栄養バランスが取れるからです。

仕事などで忙しく中々食事が取れない方もいるため、バランスよく栄養を摂ることを考えながら過ごす事が難しいのが現状ですが、健康的に生活するには重要になります。

日本食では、新鮮な野菜や豆類、魚介類、発酵食品、キノコなどに含まれるビタミンやミネラル、タンパク質などが綺麗な髪質を作る成分が豊富に含まれています。

特にその中でも魚介類の牡蠣には多くの亜鉛が含まれており、発毛や育毛効果が高いのです。しかし、亜鉛は体の中で作ることができないため、食材やサプリメントで補充が必要です。

髪の成分になるタンパク質は、ビタミンやミネラルのサポートが必要ですので、新鮮な食材や素材を多く使う日本食は、健康的なカラダの作るために必要なビタミンやミネラル、タンパク質、必須アミノ酸などを摂取するには最適です。

日頃からファーストフードやお菓子、甘い食べ物やスイーツ、脂っこい食べ物など好きな人もいますが、カラダや肌、髪にあまり良い働きをしません。たまに食べる甘いものなどもいいですが、甘いものを食べることで、栄養が吸収されない場合があるため、栄養バランスが取れる日本食を中心に食べるように心がけることをオススメします。

髪の毛がごわつく原因、それは以外にも毎日の習慣が原因かも!

なんだか最近どうも髪の全体がごわついてきた様子。朝の身だしなみチェックや夜の整髪どきにそんな風に感じることも。それは、もしかしたら髪を洗う温度に関係しているのかも!シャンプーやトリートメントを洗い流す時の温度まで意識していない方が多いでしょう。でも実は、意外と影響があること、それが温度なのです。

http://jax-aviation.com/

髪の毛は低いお湯で洗い流そう

寒い冬の日、冷え込む夜中に入浴した時に髪の毛を洗い流すお湯の温度も上がってしまいがち。そんな方は要注意しましょう。お湯の温度が40度近いという場合、洗い上がりの髪の状態もバサバサ、パサパサ、ゴワゴワの手触りになりがちです。入浴時の温度は状況下や好みでそれぞれですが、入浴時よりもちょっと低い温度で洗うようにしたいものです。

必ずドライアーを使う

髪の毛を洗った後には必ずドライアーで乾燥させていきましょう。この時も、髪全体が重たいような印象を受けることも。それでも完全に乾燥をさせてから、就寝へ。

生乾き状態もまた、髪の毛がべったりしたり、重くなる原因のひとつです。

髪の毛の状態が良いと気分も良いですよね、特に女性にとって髪は命ですから、美しい状態へ導いてゆくヘアケアを目指し、頑張りましょう。

年齢とともに髪にコシがなくなったことはあるか

「年齢とともに髪にコシがなくなったということはあるか?」

年齢とともに腰がなくなってきたと言う事はあると思いますし、これからのことを考えると、どのようにケアをしていけばいいのか?

http://www.yannlestrat.com/

ということは、疑問に思ってしまうことが結構あると思います。

「髪の毛はシャンプーを変えることでよくなるか?」

シャンプーと言うものは大事だと思いますし、シャンプーと言うものは毎日していくものなわけですから、しっかりと良いものを使っておいた方が現代人にとっても良いのではないかと思います。

どのようなシャンプーを使っておいた方が良いのかと言う事ですが、やはり最近流行っているようなシャンプーを買っておいたほうがいいと思いますし、そういうものを購入していけるように努力しておいたほうがいいと思います。

シャンプーで例えば良い匂いがする良い商品を買うことができれば、毎日お風呂に入るときに楽しみができるわけですし、毎日お風呂に入るときのことを考えても、良いシャンプーをなるべくなら買っておいたほうがいいんじゃないかと思います。毎日のちょっとした楽しみと言うことになるわけですが、1日の終わりを締めくくる時として楽しみを持っておくのも良いことだと思っています。

髪の毛はその人の第一印象を決める。

私は小さいころから髪に悩まされてきました。小学校中学年くらいまではストレートだったのですが、高学年からうねりが出はじめくせがでてきました。両親ともにくせっ毛だったこともあり、遺伝で仕方ないと思いつつ、多感な小学校高学年から中学生まではかなり気になり、毎日アイロンをしていました。

http://www.weeatart.com/

修学旅行で1泊の際、余計な荷物を持っていけなかったため、両親にだまって祖父を連れ出しストレートパーマをかけたほどでした。そのくらい女の子は容姿を気にしています。高校に入ってからはストレートパーマをかけ無くなりましたが、社会人になったいまもアイロンは必需品となっておりなくてはならないものとなっています。最近耳にした話で、人は第一印象が3年見た人の中に残っていると聞きました。第一印象が悪いとそれだけで損をしており、その後も3年は悪い印象がついてしまうのです。

そのことを聞いてからさらに容姿をしっかりしようと心がけております。未だにうねりがあり、美容師さんからは一生付き合っていかなければいけない髪だと言われました。しかし今はいろいろな技術があり、好きなようになんでもできる時代となりました。自分が思う通りにできる今、とても良い時代になったなとつくづく実感しています。

梅雨の時期 私の髪の毛

梅雨の時期の私の髪の毛についてお話します。
皆さんご存じの通り、梅雨時期は湿度が高いですよね。http://www.jardinsgourmands.com/

食べ物なんかも腐りやすく注意が必要です。
髪の毛もそうです。梅雨の時期は髪の毛が水分を含んで、
髪型が決まらないという方が多いのではないでしょうか。

私もその一人です。
もともと、くせ毛なのか縮れ毛なのかわかりませんが、
髪の毛の一本、一本にウエーブがあります。

今でこそ、ヘアドライヤーで延ばすことが可能ですが、
小学生の頃はとにかく、くせが強く、ヘアドライヤーの機能も十分ではなかったので、
男子生徒からは、「ちりちり」とあだ名をつけられていたほどです。

前髪にあこがれ、前髪も作りました。
結局、前髪の毛のくせも強く、前が見えなくなってしまったので、前髪は結んでいました。
前髪ならぬ、ちょんまげ風でした。

そこで、両親が私を不憫に思ったのか、小学生時代から縮毛矯正のパーマをさせてくれました。
費用の高い縮毛矯正をさせてもらうことは、ありがたいことでしたが、
4時間~5時間程度かかり、椅子に座り続けているのは大変でした。

そして、出来上がった髪型は頭に海苔がついているように、平坦でたなびく様子は全くありませんでした。
今は縮毛矯正や、ストレートパーマなど用途に合わせオーダーできます。
技術も日々高まっています。

わたしは、今はまず洗髪後、ヘアドライヤーでよくうねりをとるようにしています。
その行為で私の髪の毛は、治まるようになりました。
そして私の髪型は、永遠にポニーテールです。

すげ女の自虐的髪の悩みを聞いてくれ

元々、髪の毛にハリがあったようには感じなくて。十代の頃友人の髪の毛の悩みに髪の毛が膨らんで嫌だというのを聞いて、内心物凄く羨ましかったのを覚えている。

20代になると、早く結婚して子供を産んだからなのか、仕事のストレスが原因か、そのころ流行った黒髪ロン毛の影響か、わからないけど物凄く抜け毛が凄かった。

評判通り?ノ・アルフレの本音の口コミを徹底レポートします!

ある日たまたま、頭のてっぺんがガラスに映り、物凄く髪の毛が薄くなってる事に気づいたけれど、20代前半だった、若くて知識がまだしょうもない考えの持ち主だった

私に対策するという考えも思い付かず放置プレイが続いた。多分これも、だいぶ失敗だったと思う。

若いころは、気にもせずカラーリングしたり、パーマはかけたものの似合わないと分かり、あまりかけなかったように思う。

だけど、カラーリングしていたからか、髪の毛がバサバサしてきたのも、このころから。

ましてや、カラーリングをしている方が、髪の毛にハリが出るように感じて止められなくなっていた。

20代の時のように、長髪には髪の毛の薄さが分かるようになってしまってできなくなったので、髪形も短めにするようになった。

ウルフカットが流行ったりした頃は、後ろだけ長くしてちょっとでも長い感じにみせるようにはしていたが、もうそのころには、薄毛だとはっきり

地肌がわかるようになっていて、さすがに育毛剤などを使うようにはなっていたのだけれど、良くなる印象は持てずにいた。

白髪も増え始め、白髪染めもやめられず、薄毛もはっきり。

髪の毛にハリは完全に無くなり、育毛剤もいいのは高いので中々手も出せず、女性用のカツラの宣伝にも目が行くようになる始末。

けれど、値段を聞いたら自分には買える代物ではない値段。いや、でも、あんまりひどくなったら背に腹は代えられなくなって買ってしまうかもしれない

自分もいる。

せめてもの慰めに、シャワーを、毛穴の汚れが凄く落ちて髪の毛がせめて太くなるようにと、願いながら購入したマイクロなんちゃらという、シャワーヘッドと

地肌の環境を整えてくれるという、クレイのトリートメントを使いながら、益々薄毛にならないように頑張ってはいるけれど。

何かいい話はないかしら?と、思っている今日この頃。

髪の乾燥はシャンプーから

髪に悩みがある女性というのが9割以上を超えているということもあって髪に対する様々なやり方というのは結構知られていることも多いです。しかし、それでも悩むのが髪です。そして、その半分以上はなんといっても髪のパサつきや乾燥といったようなことになります。

これはどのように改善をするべきであるのか、といえば一つはシャンプーです。このシャンプーを色々と配慮するということはかなりよいことになります。

シャンプー関連としては、ノンシリコンシャンプーを使っているとかあるいはシャンプー自体が負担を髪にかけてしまうということを考えてあまり汗をかかない日はシャンプーをしないというような人もいたりします。

こうしたいことも髪の毛にはとても良いということは間違いないわけですから、できるだけしっかりと毎回同じシャンプーをするというわけではなく、その時々に応じて、ということで色々なシャンプーをするということが髪の毛の乾燥をしっかりと回復させることができるようになるわけです。

あえてシャンプーをしない、 というのも方法であることは確かであるといえるでしょうからね試して見ることです。実際にシャンプーを見直してから私も乾燥が改善できるようになりました。

シャンプーを変えた話。

私は元々、硬くて太い髪の毛でした。

実家で暮らしていた時は母のシャンプーをこっそり借りたりしていました。

しかし、一人暮らしを始めるとなかなか細かいところにお金をかけられず

「安いし、このシャンプーで良いか~」

なんて思って数年は値段で選んでいました。

しかし、流石に30歳目前に気付きました。髪の毛が歳を取っている、と。

歳を重ねると、若い頃より色んな部分に粗が目立ってきます。

ケアをしても本当気を抜くとあっという間にケアする前に戻ります。

髪の毛も、昔はもっと艶も有ってしっかりしてたのになーとよく思います。

その時に友人が

「ノンシリコンのシャンプー使い始めたんだ~」

と言っていました。ノンシリコン?と思って何だか分かりませんでした。

簡単にいうと、化学合成した成分が入っていないシャンプーですね。

私は即ドラックストアに行きました。

(ちゃんとしたお店に行った方が良いのは知ってますが、予算も限られているので。)

色々種類があるんだな~と感心しながら商品を手に取って見ました。

でも、ぜーーーんぶ同じに見えるんですよね。

その時はパッケージの可愛さや色使い、もしくはCMの印象で決めました。

私は後者です。

あの有名人がCMしてたし、良いもんでしょ!みたいな…軽い感覚です。

後、私は香りがあるシャンプーが好きなのでそこも決めてです。

その日のバスタイム!早速使いました。

髪も硬かったのですが、乾かすとその硬さも少し和らいでいました。

香りも良くて満足でした。

そこから私のそのシャンプーのリピーターです。

価格も自分が無理せず購入できる値段で、自分が少しでも満足できる

シャンプーに出会えてラッキーでした。

今は合わせて、洗い流さないトリートメントも使っています。

シャンプーを変えるだけでも髪問題は少しは改善するかも知れません。

自分を良く出来るのは自分の行動です。

自分から出来る事、無理のない範囲で出来る事をこれからもしてみようと思います。

シャンプーの誤解について

シャンプーと言えば、髪の毛を洗うイメージを持つ人が多いと思います。

確かに髪を綺麗にするものではあるのですが、シャンプーで綺麗にするのは髪だけではありません。むしろ重要なのは頭皮の汚れを落とすことなのです。多くの人が髪を洗う時、指で髪をぐしゃぐしゃっとして、モコモコの泡で髪を洗ったりしているのではないでしょうか。

シャンプーのコマーシャルでも、モコモコの泡で髪を洗う映像がよく映っていますよね。でも実は、髪の汚れは髪を洗う前にシャワーなどを浴びることで落とすこともできるのです。この予洗いで髪についた汚れを落としたら、シャンプーを手で泡立て、頭皮をグッと押すようにマッサージします。この時、頭皮の汚れを指の腹でグッ、グッと押し出すイメージをするとよいでしょう。

髪をツヤツヤに、健康に保つ秘訣は、頭皮の汚れを綺麗にすることにあるのです。これが終わったら、後はシャワーでシャンプーを洗い流すのですが、この時にもなるべくたっぷりと時間をかけてシャンプーを落とすのが良いでしょう。シャンプーの成分が残ったままだと、かえって頭皮に悪影響を与えてしまうのです。

ちなみにシャンプーの前のひと手間として、髪をブラシで整えておくこともおすすめします。こうすることで髪の絡まりなどが減り、無駄に毛が抜けることも防ぐことが出来るのです。

アミノ酸系シャンプーの弊害

ここ数年前から、シャンプー成分のラウレス何とかやラウリル何とかが髪にも頭皮にも良くないと言われてますが、以前には、なかった別の悩みが出てきたように感じています。

シャンプー解析サイトや口コミを見て、いいと言われるものは試したくなるので、かなりの数のシャンプーを試してみましたが、アミノ酸系シャンプーは洗浄力がやさしいので、髪の量が多くて、ボリュームダウンしたい人にとっては髪の滑らかさやボリュームも減っていいのかもしれない。

しかし、ボリュームを出したい人にとっては、ボリュームアップタイプのアミノ酸系シャンプーは確かに根元のボリュームは出るものの、中間から毛先にかけては滑らかさや艶にかけるような気がしました。根元のボリュームと毛先の艶は相反するので、ボリュームアップシャンプーで洗い、しっとり系トリートメントをしてみたけど、思うような結果が出ない。

最初にお湯で予洗いしたあと一度目は、酸性石鹸系シャンプーで洗い、二度目はアミノ酸系のしっとり系シャンプーで洗い、その後、トリートメントをするのが一番良い結果が出ました。同じような悩みを持った人がいたら是非試してみて欲しいです。

ドラッグストアにもたくさんのシャンプーがあり過ぎて、悩んである方にもオススメします。私の3年近くの研究結果です。