「ヘアケア」カテゴリーアーカイブ

すげ女の自虐的髪の悩みを聞いてくれ

元々、髪の毛にハリがあったようには感じなくて。十代の頃友人の髪の毛の悩みに髪の毛が膨らんで嫌だというのを聞いて、内心物凄く羨ましかったのを覚えている。

20代になると、早く結婚して子供を産んだからなのか、仕事のストレスが原因か、そのころ流行った黒髪ロン毛の影響か、わからないけど物凄く抜け毛が凄かった。

評判通り?ノ・アルフレの本音の口コミを徹底レポートします!

ある日たまたま、頭のてっぺんがガラスに映り、物凄く髪の毛が薄くなってる事に気づいたけれど、20代前半だった、若くて知識がまだしょうもない考えの持ち主だった

私に対策するという考えも思い付かず放置プレイが続いた。多分これも、だいぶ失敗だったと思う。

若いころは、気にもせずカラーリングしたり、パーマはかけたものの似合わないと分かり、あまりかけなかったように思う。

だけど、カラーリングしていたからか、髪の毛がバサバサしてきたのも、このころから。

ましてや、カラーリングをしている方が、髪の毛にハリが出るように感じて止められなくなっていた。

20代の時のように、長髪には髪の毛の薄さが分かるようになってしまってできなくなったので、髪形も短めにするようになった。

ウルフカットが流行ったりした頃は、後ろだけ長くしてちょっとでも長い感じにみせるようにはしていたが、もうそのころには、薄毛だとはっきり

地肌がわかるようになっていて、さすがに育毛剤などを使うようにはなっていたのだけれど、良くなる印象は持てずにいた。

白髪も増え始め、白髪染めもやめられず、薄毛もはっきり。

髪の毛にハリは完全に無くなり、育毛剤もいいのは高いので中々手も出せず、女性用のカツラの宣伝にも目が行くようになる始末。

けれど、値段を聞いたら自分には買える代物ではない値段。いや、でも、あんまりひどくなったら背に腹は代えられなくなって買ってしまうかもしれない

自分もいる。

せめてもの慰めに、シャワーを、毛穴の汚れが凄く落ちて髪の毛がせめて太くなるようにと、願いながら購入したマイクロなんちゃらという、シャワーヘッドと

地肌の環境を整えてくれるという、クレイのトリートメントを使いながら、益々薄毛にならないように頑張ってはいるけれど。

何かいい話はないかしら?と、思っている今日この頃。

髪の乾燥はシャンプーから

髪に悩みがある女性というのが9割以上を超えているということもあって髪に対する様々なやり方というのは結構知られていることも多いです。しかし、それでも悩むのが髪です。そして、その半分以上はなんといっても髪のパサつきや乾燥といったようなことになります。

これはどのように改善をするべきであるのか、といえば一つはシャンプーです。このシャンプーを色々と配慮するということはかなりよいことになります。

シャンプー関連としては、ノンシリコンシャンプーを使っているとかあるいはシャンプー自体が負担を髪にかけてしまうということを考えてあまり汗をかかない日はシャンプーをしないというような人もいたりします。

こうしたいことも髪の毛にはとても良いということは間違いないわけですから、できるだけしっかりと毎回同じシャンプーをするというわけではなく、その時々に応じて、ということで色々なシャンプーをするということが髪の毛の乾燥をしっかりと回復させることができるようになるわけです。

あえてシャンプーをしない、 というのも方法であることは確かであるといえるでしょうからね試して見ることです。実際にシャンプーを見直してから私も乾燥が改善できるようになりました。

シャンプーを変えた話。

私は元々、硬くて太い髪の毛でした。

実家で暮らしていた時は母のシャンプーをこっそり借りたりしていました。

しかし、一人暮らしを始めるとなかなか細かいところにお金をかけられず

「安いし、このシャンプーで良いか~」

なんて思って数年は値段で選んでいました。

しかし、流石に30歳目前に気付きました。髪の毛が歳を取っている、と。

歳を重ねると、若い頃より色んな部分に粗が目立ってきます。

ケアをしても本当気を抜くとあっという間にケアする前に戻ります。

髪の毛も、昔はもっと艶も有ってしっかりしてたのになーとよく思います。

その時に友人が

「ノンシリコンのシャンプー使い始めたんだ~」

と言っていました。ノンシリコン?と思って何だか分かりませんでした。

簡単にいうと、化学合成した成分が入っていないシャンプーですね。

私は即ドラックストアに行きました。

(ちゃんとしたお店に行った方が良いのは知ってますが、予算も限られているので。)

色々種類があるんだな~と感心しながら商品を手に取って見ました。

でも、ぜーーーんぶ同じに見えるんですよね。

その時はパッケージの可愛さや色使い、もしくはCMの印象で決めました。

私は後者です。

あの有名人がCMしてたし、良いもんでしょ!みたいな…軽い感覚です。

後、私は香りがあるシャンプーが好きなのでそこも決めてです。

その日のバスタイム!早速使いました。

髪も硬かったのですが、乾かすとその硬さも少し和らいでいました。

香りも良くて満足でした。

そこから私のそのシャンプーのリピーターです。

価格も自分が無理せず購入できる値段で、自分が少しでも満足できる

シャンプーに出会えてラッキーでした。

今は合わせて、洗い流さないトリートメントも使っています。

シャンプーを変えるだけでも髪問題は少しは改善するかも知れません。

自分を良く出来るのは自分の行動です。

自分から出来る事、無理のない範囲で出来る事をこれからもしてみようと思います。

シャンプーの誤解について

シャンプーと言えば、髪の毛を洗うイメージを持つ人が多いと思います。

確かに髪を綺麗にするものではあるのですが、シャンプーで綺麗にするのは髪だけではありません。むしろ重要なのは頭皮の汚れを落とすことなのです。多くの人が髪を洗う時、指で髪をぐしゃぐしゃっとして、モコモコの泡で髪を洗ったりしているのではないでしょうか。

シャンプーのコマーシャルでも、モコモコの泡で髪を洗う映像がよく映っていますよね。でも実は、髪の汚れは髪を洗う前にシャワーなどを浴びることで落とすこともできるのです。この予洗いで髪についた汚れを落としたら、シャンプーを手で泡立て、頭皮をグッと押すようにマッサージします。この時、頭皮の汚れを指の腹でグッ、グッと押し出すイメージをするとよいでしょう。

髪をツヤツヤに、健康に保つ秘訣は、頭皮の汚れを綺麗にすることにあるのです。これが終わったら、後はシャワーでシャンプーを洗い流すのですが、この時にもなるべくたっぷりと時間をかけてシャンプーを落とすのが良いでしょう。シャンプーの成分が残ったままだと、かえって頭皮に悪影響を与えてしまうのです。

ちなみにシャンプーの前のひと手間として、髪をブラシで整えておくこともおすすめします。こうすることで髪の絡まりなどが減り、無駄に毛が抜けることも防ぐことが出来るのです。

アミノ酸系シャンプーの弊害

ここ数年前から、シャンプー成分のラウレス何とかやラウリル何とかが髪にも頭皮にも良くないと言われてますが、以前には、なかった別の悩みが出てきたように感じています。

シャンプー解析サイトや口コミを見て、いいと言われるものは試したくなるので、かなりの数のシャンプーを試してみましたが、アミノ酸系シャンプーは洗浄力がやさしいので、髪の量が多くて、ボリュームダウンしたい人にとっては髪の滑らかさやボリュームも減っていいのかもしれない。

しかし、ボリュームを出したい人にとっては、ボリュームアップタイプのアミノ酸系シャンプーは確かに根元のボリュームは出るものの、中間から毛先にかけては滑らかさや艶にかけるような気がしました。根元のボリュームと毛先の艶は相反するので、ボリュームアップシャンプーで洗い、しっとり系トリートメントをしてみたけど、思うような結果が出ない。

最初にお湯で予洗いしたあと一度目は、酸性石鹸系シャンプーで洗い、二度目はアミノ酸系のしっとり系シャンプーで洗い、その後、トリートメントをするのが一番良い結果が出ました。同じような悩みを持った人がいたら是非試してみて欲しいです。

ドラッグストアにもたくさんのシャンプーがあり過ぎて、悩んである方にもオススメします。私の3年近くの研究結果です。