月別アーカイブ: 2021年10月

つわりからの体重増加

私は4回の出産経験があります。1人目からお話します。ベルタママリズムで始める私の妊活!使用感や口コミ、最安値などの気になる情報をお伝えします

妊娠が分かって数日後にはつわりが始まりました。

毎日吸っていたタバコの匂いが本当に気持ちが悪くタバコを吸っている人が居ると発狂したくなるくらい憎たらしく思いました。食事をしてもすぐに吐いてしまい体重が6キロ減になってしまい入院になりました。

つわりが治まり退院すると今度は食べられなかった時の反動でか臨月には25キロプラスで妊娠中毒症になり入院し味のない食事を食べさせられました。出産後も入院でした…。

2人目も妊娠が分かり数日後からつわりが始まりました。状況は1人目と同じく体重が減りすぎてまた入院です。そして20キロの体重増加です。またまた妊娠中毒症になってしまい入院でしたが出産後は入院しなくてすみました。3人目も同じく妊娠が分かった数日後からつわりが始まりました。

ですが、今回は3キロ減で治まり入院なしでしたが20キロプラスで出産となりました。4人目からは妊娠=つわりとマインドコントロールに掛かってしまうのではと毎日、自分に言い聞かせていました。そのせいか、食いつわりに…

食べていれば気持ち悪くないと…体重も最初から増加となり25キロ増しに…ですが今回は妊娠中毒症にもならずに出産できました。ですが4人目出産後は体重が減らずに今も20キロプラスのままになってしまいました…。

30代になってから思う肌のこと

小学~中学は誰もが通る道なのか、ニキビがとにかくできやすかった。http://www.simonkirkfineart.com/

ただ、人よりもひどかったと思う。

きっと朝の洗顔が面倒くさくてサボっていたのがよくなっかったんだと思う。

化粧水もニキビに聞くものをつけたりしたけど、治ってはできてのループ。

そんな私でも大人になるにつれてなくなっていき、今ではごくたまに赤いポチを見る程度。

そして30代になった今、別の問題が発生。

シミ、シワ…

ニキビがなくなってからも、朝の洗顔サボり癖は治らず。

化粧をする前は拭くだけタイプの洗顔シート。

日焼け止めなんて基本塗らない。

そのツケが来てしまったようだ。

それまではニキビがなくなり、若さ特有のプルプルな肌だったけど、

それをいいことにケアを怠ってきた結果。

きちんとケアをしてれば維持できたものを、怠けてしまったために、

現在はシミもシワもたっぷりの顔になってしまった。

遠目から見ればわからない、化粧をすればわからない。

けど、一度スコープでみた自分の肌を見て落胆。

きれいな肌理のある参画は見当たらない。

真っ黒な傷だらけの組織だった。

化粧してもそろそろ限界な見た目。

若いころからのスキンケアは大事なんだ、と後悔している31歳。

皆さんは、日ごろから日焼け止めだけでもつけてほしいものだ。